「ひよこ」No.244 ~高校生との座談会~ ~1%の1%による1%のための消費税 ~

 今年も1年、ご愛顧頂きまして、本当にありがとうございました。この厳しい時代に、本当に感謝申し上げます。今年はあまりにも様々なことがありました。厳しいですが、なんとか今年を転機に、来年以降、新たな時代を作っていければと願います。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

○  ○  ○  ○  ○

 12月も早二週目になってしまいました。なかなか「ひよこ」を書く時間がなくて申し訳ありません。

 寒くはなってきましたが、それでも今年は暖かいです。霜があんまり降りません。雪がちらつくことも今のところほとんどなし。12月7日は暦では『大雪』だというのに。

 紅葉も11月25日頃が一番盛りだったように思います。今年は暖かいので紅葉がイマイチと言われていましたが、後になって、やはり、ハッとするようなあざやかな山も出てきました。

 我が家の遅くから撒いた秋野菜たちも、小松菜、シュンギク、チンゲンサイ、山東菜、大根、等々よくできてきました。野菜が畑にあると食卓が野菜たっぷりになるので何だか健康になる気がします。

○  ○  ○  ○  ○

 秋は農業祭のような地域のイベントがいろいろとあり、結構忙しかったです。

 それから、もう10年以上ぶりくらいになるでしょうか。この秋に、ひっさしぶりに、産まれたばかりのヒヨコを入れました。そのための準備に結構時間がかかりました。

 実は肉鶏を始めて飼ってみたのです。100日~120日位で肉にする鶏です。ブロイラーの改良品種で肉質が良いと聞いています。

 届いたばかりのヒヨコのなんと小さいこと。ひっさしぶりなのでもう忘れてしまっていましたが、やっぱり、卵と同じ大きさでした。「うわー大変、大丈夫かな~」と心配しましたが、今日で11日目、今のところみんな元気で大きくなっています。

 肉鶏なので大きくなるのもかなり早いようで、もう羽がだいぶ伸びてきました。どんな動物もそうですが、小さいのは可愛くて見ていて飽きませんね。なんとかみんな元気で大きくなってもらいたいです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

御歳暮や自宅のお正月用にご利用下さい

 この12月は、例年、お陰様で普段より需要が少し多くなりますので親鳥を少し増やします。今年もそうしていますので、御歳暮等、よろしければ是非ともご利用頂ければ幸いです。

 また、ご自宅用にいつもよりも多くご入り用の時も、言って頂ければ対応できる限りさせて頂きますので、どうぞご連絡下さい。

 何卒よろしくお願い申し上げます。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 最近の緑餌

 牧草のイタリアンライグラスが主力です。刈って小さく刻んで鶏の各部屋にほりこみます。鶏たちは上から降ってくる草に驚きもせず、喜んで食べ始めます。

 あとは、大根葉・白菜葉などです。

 イタリアンライグラスは結構色が出るので黄身の色が濃くなります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 料理本の紹介

 『きょうのおかずカレンダー』
    学研 おはよう奥さん別冊300円

 月刊誌です。コンビニで見つけました。『今日は何しよう。 なかなか献立が思い浮かばないねー』と娘と電話で話していたその日、見つけて思わず買いました。

 材料も身近なもの、レシピもシンプル。安くて、早くできるものです。主菜と副菜、または汁物一品。一日一ページ。カラー写真で見やすいです。

 読者は20~40歳代が多いようですが、私も時間がない中すごく重宝しています。旬の食材の特集もあって、300円とは超安いと思います。(ひ)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 先日、高校生との座談会に出る機会がありました。地元の高校と兵庫県北部の田舎の方の高校の、生徒会の人達でした。テーマとしては一応『地域の活性化、今私達ができること』そんなだったと思います。

 そこで、自己紹介の中で、将来の夢・職業等が言われました。田舎に残りたいという子は結構いましたが、農業・林業のことを言う人は誰一人いませんでした。

 その時も言ったのですが、農業・林業を仕事として考えられない国、大事にされてない国。それが日本の実態であり、だから田舎は廃れていくんだとあらためて思いました。

 「町の活性化でいろいろと言われるが、国民が、食料・材木・エネルギー(燃料)、これらをみんな安い外国から輸入したらいいと考えるならば、田舎はお手上げです。田舎はいりませんと言われてるわけだから、どんなに頑張ってみてもどうしようもない。それでいいのだろうか。この実態をよく考えて欲しい。だから、よく勉強して欲しい。」そんなことを言ってしまいました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1%の1%による1%のための消費税

 TPP交渉参加表明がありました。野田総理はどうでも米国にNOと言えないようです。米国に逆らえば短命政権で終わる、それがよく分かっているのでしょう。鳩山、田中角栄しかりです。小沢一郎もそれでつぶされたのでしょう。一体どこの国の総理なのか。

 韓国でも米韓FTAが、与党が議場を封鎖して野党が催涙ガスを撒いて抗議する中、強行採決されました。

 どこでも、1%の暴走が進んでいます。「1%の1%による1%のためのTPP」

 そして、今度は、消費税です。昨日も朝日新聞社説全面で「消費増税は避けられない」と言っています。

 もはや、テレビ・大新聞は完全に財界、官僚、米国、金持ちの側に立つことがハッキリとしてきました。

 あまり報じられることはありませんが、年間報酬を5000万円以上もらっている人が、最低でも5万人はいるそうです。億万長者はこの10年で3倍に。東電社長の年俸は7000万円、前社長は震災渦中の5月に5億円の退職金をもらってやめたのは記憶に新しいところです。

 一方で、庶民の給与は下がり続けました。全ての国民を所得順に並べた時の真ん中の人の所得は、10年前は約300万円、今は250万円だそうです。そして、その半分を貧困線というそうで、今は年収125万円。今、それ以下の人が2040万人いるそうです。

 日本には1400兆円の個人金融資産があるそうですが、その多くはこの億万長者たちが持っているのです。

 (1400兆円を単純に1億二千万人で割ると一人当たり1166万円。4人家族だと4666万円。これが平均です。別世界と言う人がはるかに多いのでは?? )

 なぜそうなったのでしょう。

      1988年    2010年

法人税   18.4兆円    6.0兆円
所得税   18.0兆円   12.7兆円
相続税   1.8兆円     1.3兆円
消費税    0円     9.6兆円
その他   12.6兆円   7.8兆円

合計    50.8兆円   37.4兆円

実質GDP  402兆円   540兆円


 上表から見ると、この22年間で、GDPは140兆円も増えているのに、税金は13兆円減っています。

 なぜでしょう???

            1988年   2010年

大企業の法人税率     40.2%   30%
高額所得者の所得税率   70%    40%
相続税の最高税率     75%    55%
消費税率          0%    5%


 それは、上表のように、大企業、高額所得者、相続税の税率が大きく減ったからです。つまり、GDPの増加で増えたはずの所得はみんな大企業と高額所得者に吸収されていったようです。

 1988年まで日本は『1億総中流』と言われ、ほとんどの人は自分は中流という意識を持てました。それくらい、ほどほどの暮らしができていたのです。それは、税の再配分機能によって、GDPの利潤が高額所得者、大企業に片寄らず、庶民に回っていたからなんです。

 それがこの約20年間の税制改革、「高額所得者・大企業の税金を減らして庶民から消費税を取る」方式に変わって、庶民にGDPの利潤が回ってこなくなり、だから景気が低迷してきました。そして、その対策として国内では売れないから輸出しかない。だからTPPだ!! となるわけです。

 でも本当は違うはず。大企業・高額所得者に片寄ったGDPの利潤をもう一度庶民に回せば、景気は回復するはずです。金持ちにいくら金を持たせても、それは、貯蓄・投資に回るだけで、景気回復には役に立ちません。どんなに金持ちでも家は2、3軒あればいいでしょう。車は100台もいらないでしょう。

 消費税を上げても、税収がそれに比例して増えるかと言えば、消費がさらに落ちて思うように増えません。逆に立場の弱い中小企業は消費税分を価格に転嫁できず自分でかぶらざるを得ない。地獄です。逆に、輸出大企業は、輸出額に消費税率を掛けたものが国から還付金として入ってくる。だからトヨタは今まで、還付金の方が大きいから、消費税を払ったことがないといいます。

 こんなことは、大新聞、テレビでは、一切報道されません。そう、マスコミ関係者はみんな高額所得者だからです。テレビは大企業がスポンサーだからです。

 庶民は、大企業・高額所得者に都合のいい情報ばかりを毎日聞かされ、「仕方がないのか・・・」と思い込まされる。これが、今やテレビの役目だと言っても言いすぎではない時代になってきたように思います。

 要するに消費税も 「1%の1%による1%のための消費税」だったのかもしれません。

 つまり、税制を1988年までのものに戻すだけで、税収は上がり、国の借金もどんどんと減っていく。それが真実なのだと思います。

 「そんなことをすれば、金持ち、大企業は、みんな外国に逃げていく」なんていう人がいるかもしれませんが、そんな人にこそ、『愛国心』教育をしてあげて下さい。

 これだけ格差が大きくなっているのに、消費税がアップすれば、さらに格差が大きくなることは間違いありません。

 人間の能力には差がありますから、収入に差があるのは当然です。しかし、それも限度があります。あまりにも収入に差があると、持てる人も持たざる人もどちらも心が乱れてくるのではないでしょうか。そして社会も乱れてきます。

 小泉竹中改革を進めた竹中平蔵氏は高額所得者から税を多く取ることを「泥棒だ」と言いました。(そして、金持ちがさらに金持ちになるとそのおこぼれが社会に流れるとも)

 税による再配分を否定するならば、世の中、強者はますます強者に、弱者はますます弱者になっていきます。その「強者の強欲」、これをバランスを取りながらいかに抑えていくか、これが人類の究極の課題であり、これこそが人類の進歩なのだと思います。

 働かずに補償だけを受け取ろうとする者がいる、それも大きな問題です。しかし、働いても働いても豊かにならない人もたくさんいます。これはやっぱり、世の中の仕組みがおかしいのだと思います。

 確率的に当たるはずのない「宝くじ」に夢を託す、当たらなかったら「自分には運がないんだ」と我慢してしまう。・・・そうじゃないんだと思います。

 宝くじは庶民の不満のはけ口として使われているだけで、その光景を見てほくそ笑んでいる者達が少なからずいるのです。

 大きな富を手にする者も、その富は自分一人で作ったのではないはず。その富は無数の人達の汗と努力の結晶なのです。それを思い、「感謝」を持つならば、持てる者が税を負担するのは、何も「泥棒」ではありません。それこそが「日本は一つ」共に生きる、強くて優しい国を作る道だと私は確信します。

 『小欲知足』『謙虚と感謝』だと思います。

(参考・『週間金曜日』などなど)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 今年の冬は火鉢ライフで

 石油ストーブが一つ壊れどうしようかと考えた結果、今年は、火鉢でやってみようということになりました。「オガ炭」と言って、おが屑からできた環境に優しい木炭があります。とても火付きが良く火力も強く火持ちがいい。宍粟市一宮町で作っているのですが、それを火鉢で燃やせば結構暖かい。火が見えてとても趣がある。臭くない。価格的にも灯油とそれほど変わらない。燃料の自給で環境に良い…。

 真冬はどうなるか分かりませんが、とりあえず、今のところは、いい感じです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ひよこサロン
~便りが頼りコーナー~
   (全部のお便りを載せられなくて申し訳ありません。)

11.10.6. 我が家は長男が彼女をつれて帰って来るたび、今井さんちの鶏肉を焼いておもてなししています。「ごはんして~」「鶏肉や!」「お~ごちそうや!」で、そくOKです。あと何回、今井さんちの鶏肉を焼くのでしょうね?困った息子ですわ。(Fさん)

11.10.11. ご無沙汰しています。千種も秋が一段と迫っていることでしょう。小生は毎日頂く「手羽先」のお陰で、術後二年弱の両足(人工骨頭置換手術)も家庭菜園を再開できる位(健常時の1/5?)迄にこぎ付けました。感謝しています!(Kさん)

11.10.19. 今日は娘の体育祭。晴天に恵まれのんびりと子供達の演技を楽しみました。リレー、棒引き、綱引き、騎馬戦、フォークダンス、ソーラン、民謡踊りと伝統的な内容で私の頃とそんなに変わりませんが、法被や浴衣がとても華やかでした。(Yさん)

11.10.23. 暑くなったり寒くなったり・・変な秋ですね。千種の秋はどんどん深まっているようですが。紅葉もきれいなんでしょうね。先日、芋掘りに行きました。ちょっと掘っただけでメッチャ疲れました。これでは野良仕事はできませんね。食べ物を作り出す(育てる)のはホントに大変なことです。ホントにご苦労様です。(Sさん)

11.10.24. 千種はもう寒いようですがお元気でしょうか? EUでは国々の財政が不安定で、国家崩壊が案じられますが借金大国日本の舵取りはどうなるか、政治屋さんの動向が心配です。国家百年の大計が早く決まるよう、実行されるよう願っています。一刻も早く官の特権意識だけでもなくなって欲しいです。(Fさん)

11.10.31. 朝夕しのぎやすくなりました。ハローインで玉子料理をして喜んで頂きました。ありがとうございました。何を信じていいか分からない昨今です。今井さんの玉子と鶏肉で元気に頑張ります。(Kさん)11.11.2. 最近卵の消費量が増えたのか追加で別の卵を食べる機会が多くなりました。ホント今井さんちの卵の美味しさを実感します!(Kさん)

11.11.2. 日の暮れがすっかり早くなり、秋を感じます。工業国日本も天災をまともに受け、ゆらいでしまいました。それに、私達の知らないところでいろいろ社会構造が変化していたのですね。今は世界の中で日本はどうなっていくのか。私には戦争中や戦後のあの食糧不足の状態が想い出されるばかりです。あんなみじめな生活だけはしたくないです。(Sさん)

11.11.4. いつまでも暑いです。子供は学校から帰ってくると扇風機にあたっています。変な気候ですね。(Mさん)

11.11.12. TPPどうなるんでしょうか…。安全な食料かどうか、ますます分からなくなりますよね…。日本の食料に期待してるのに、困ります。(Aさん)

11.11.14. 息子はまだ赤ちゃんと思っていましたが、今井さんの玉子が届くと冷蔵庫に入れるのを手伝ってくれます。一個落として割ってしまいました。もちろん拾って食べましたが。(Kさん)

11.11.18. 「ひよこ」No.243のTPPの記事は「そうだそうだ」と声を大きくして言いたいです。スーパーでは米産の牛肉、豚肉、ブラジル産の鶏肉、オランダ産豚肉がズラーと並んでいます。日本の食料はどうなってしまうのかと不安になります。(去年の口蹄疫、今年の放射能のせいでしょうか・・)今井さんの鶏肉は貴重な存在です。自作の野菜中心の生活で肉の消費量は減っています。(Kさん)

11.11.21. 暖かい晩秋ですね。各地の紅葉も今一つとか。「ひよこ」のTPP論、政府の弱腰に腹が立ちます。自由化の促進で日本国中に増えたシャッター通りの悲惨さが分からない二枚舌首相の許では本当に日本は潰れることと思います。米国の属国でも52番目の州でもない事を主張すべきです。経団連メンバー会社の内部留保増加に協力は不要と思いますが、ポチには無理か。(Fさん)

"「ひよこ」No.244 ~高校生との座談会~ ~1%の1%による1%のための消費税 ~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント