肉鶏のヒヨコ

初めてなんですが、一度肉鶏を飼ってみることにしました。
レッドブロー といって、ブロイラーとの交配種。肉質がよく量も大きいとか。高級料理店で使われているという話です。
 ひっさびさのヒヨコで、こんなに小さかったのに感動。
画像


画像


画像


画像


画像

鶏舎と牧草地
画像



山すその一番上にあるのが我が家です
画像

畑と牧草

だいぶ大きくなりました。
鶏舎前のイタリアンライグラス
画像




画像


画像


画像


画像


エンドウ
画像

ガマガエル

ちょっと小さいですが、鶏舎にいました。ときどき、あちこちにいます。
画像

柿と赤とんぼ

画像


 今年は柿の成り年です。どこの柿の木もいっぱいの実です。


画像


画像



 ついに、自前のトラクターを買いました。もちろん中古ですが。今まではいろんな方のお世話になり、借りたり、してもらったりしていたのですが、やっとこさ、自分のトラクターを持つことができました。
画像

「ひよこ」243号~TPPは農家だけの問題ではありません。国民の食料を外国に依存していいのですか~

 いい季節です。空は高く澄みさわやかな風が通ります。夜はコタツがいりますが、昼はまだ半袖だったりします。一年中で一番過ごしやすいときですね。

 今年は柿の成り年。桜の花のように柿がなっている木もあります。山にはどんぐりもよく成っているのでしょうか。今年は今のところ熊の話はあまり聞きません。いつもなら柿やくりは家の横でも熊に食べられてしまうのですが。

 この一ヶ月余り、稲刈り、村の祭りなどで、忙しい日が続きました。秋の種まきも遅くなってしまいました。もういいかとも思ったのですが、それでも畑があるのに何もないのは淋しくって、遅くに種まきをしました。だから大根もまだ10cmくらい。でも、やっぱり自分とこの畑があると、何だか安心するのです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

TPPは農家だけの問題ではありません
 国民の食料を外国に依存していいのですか


 TPPがいよいよ参加に向けて動き出しました。

 民主党政権は選挙の公約で自給率50%を目指すと言いました。

 TPP参加、関税がなくなっても農業がつぶれない方策として打ち出した農業再生案として、1戸当たりの規模を今の平均2haを20~30haとする、そうです。

 一体誰がするのでしょう。どうやってそんな面積を耕作するのでしょう。私には想像がつきません。

 机の上だけで、計算だけで出てきた数字でしょうか。

 自民党時代、4ha以上の農家に補助を出すとしてきました。だけど、ほとんどの農家は実現不可能で、結局、実質、農家への補助金はほとんどなしという状態だったのです。

 それで、民主党は戸別所得補償制度を打ち出し、規模が小さくても補助を出すと言いました。それで、田舎で民主党が勝ったのです。

 それが一転、何と20~30ha。何か笑ってしまいます。

 とにかく、規模拡大が言われます。欧米と比較されます。EU10ha、フランス40ha、アメリカ180ha、オーストラリア3300ha。それに比べて日本の北海道以外は1haです。「だからダメなんだ、努力が足りない」

 ここで、根本的に見落とされていることがあります。

 それは、欧米は畑作。日本はコメ作・水田、その違いです。水田は水平でないとできません。だから、一枚の田んぼの面積も自ずと制限が来ます。そして、一枚一枚水の管理にとても時間がかかります。植えたら収穫までほったらかし、なんていうわけには全くいきません。

 なにより、日本と欧米の気候の違い。

 「日本は草との戦い、欧米は水との戦い」つまり、日本などのアジアの東の方は、雨がよく降り気候もいいので、とにかく植物がよく生える。だから、草もよく生える。草取りが一番の仕事になる。それに対して、欧米は雨が少なく植物が日本ほど育たない。草の心配もいらない。だから、広い面積の耕作が可能。逆に狭かったら収量が見込めない。

 農業再生案として出されたものは、絵に描いた餅。実現できるものではありません。

 第一、おかしいと思いませんか。アメリカは、日本に米や牛肉を売り込みたいのです。そのための関税撤廃です。それに対して、それに対抗するために、かりに大規模農家に限定したとしても、補助金を出してコメ作りが続けられるにようにすれば、それは、アメリカにとって邪魔になることです。間違いなく輸出障壁として、そんな補助金は撤廃しろと言ってくるのです。要するに、農業に関しては、コメや牛肉の輸入しかアメリカを満足させる道はないのです。

 TPPとは、「アメリカのアメリカによるアメリカのための条約」と言われます。

 「農家が足を引っ張る」とよく言われます。TPPが締結されれば、間違いなく日本の農家はつぶれるでしょう。田舎は崩壊するでしょう。荒れ地がどんどん広がって行くでしょう。

 皆さんに考えてもらいたいのは、それは農家だけの問題でしょうか。田舎だけの問題でしょうか、ということです。「農協が反対する。それは農協組織を守るためだ」とか言われます。確かに農協も問題が多いでしょう。しかし、それでいいのですか。食料を外国にゆだねて、それでいいのですか。

 今すでに、アメリカにものが言えないのは、結局、食料の多くをアメリカに握られているからではないでしょうか。

 TPP推進論者は、結局のところ、各国が得意な分野で頑張って、不得意な分野は外国から輸入したらいいではないか。極端な話、農業はなくなってもいいではないか。ということだと思います。

 政府も結局はそうなのでしょう。

 そうでないなら、「食料は国内で確保すべき」と思うのならば、まず、アメリカに「牛肉は輸入しません、コメは輸入しません」というべきです。それは、食料安全保障の観点から譲れませんと。全てはそこからスタートでしょう。

 でもそうはなりません。そして、国民をだますための、農業再生案のようなものを出して、食料を守るフリします。

 TPPは農業以外の様々な問題も指摘されています。

・地方の自治体が地元業者限定で公共事業を発注すれば、それは違反。アメリカの巨大ゼネコンに訴えられれば、巨額の違反金を支払わなければならなくなる。

・日本独自の食の安全基準等は輸出障壁に。

・安い外国人労働者がどんどん入って来て、日本人の給料はますます下がっていく。

・日本への輸出の関税がなくなるので、日本企業は外国に行き、安い労働力で作って日本に輸出するようになる。ますます、空洞化が進む。
 
 今、アメリカを出発点として、反格差社会を訴えるデモが広がっています。「1%が99%の富を奪っている」と。TPPとは、アメリカのための条約と言いましたが、
正確にはアメリカの1%のための条約なんだと思います。アメリカと日本の1%のための条約ではないでしょうか。「1%の1%による1%のためのTPP」

 とにかく、農業の大規模化は非現実。(できるのならばとっくになっています。)それを踏まえて、食料は国内で確保すべきなのか、安い外国に依存すべきなのか。 これは農家だけの、田舎だけの問題ではありません。国民、皆さんの問題だと思います。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 最近の緑餌

 さつま芋のツル、畑の畦草。そして、ようやく、イタリアンライグラスが使えるようになって来ました。今から、春まで、イタリアンが主力となって来ます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ひよこサロン
~便りが頼りコーナー~
   (全部のお便りを載せられなくて申し訳ありません。)

11.9.15. 20年来のおつきあいで今更なんですが、今井さんちの卵で作る卵焼きは、ほんとうに上手にふっくら出来上がりますね!息子が天才なんじゃなく卵のせいでした(笑)(Kさん)

11.9.15. 明石はまだまだ暑いです。早く涼しくなってほしいです。千種は少し違うでしょうね。美味しく安全な卵のためにご苦労されていること感謝しています。これからもよろしくお願いいたします。(Nさん)

11.9.16. いつもありがとうございます。朝夕少し涼しくなりました。秋の忙しい季節が参りましたね。お疲れを出さないようにお身体大切にね。懐かしい千種の風景を想い出します。(Oさん)

11.9.16. 早速送っていただきありがとうございます。娘の誕生日に間に合いよろこんでけおりました。(Hさん)

11.9.20. 子供の頃、台風が近づき大雨の中、父が田の水の調整に外へ出たのを心配していたことを今でも覚えています。自然の恐ろしさをつくづく感じます。実家は被害はなかったとのことです。2学期が始まって教室の室温は36度。正直勉強ができる環境ではありません。今後、この日本はどうなるのでしょうか。暑い日が続いています。ご自愛下さい。(Nさん)

11.9.21. 台風15号は過ぎていきました。これから、東海、関東を荒れさせるのでしょう。そちらは大丈夫でしたか。今さらながら、日本は災害列島だと思い知りました。そして、その被害の大きいこと。どの被害からも、すり抜けるように、まぬがれていると、今にど~んと大きい被害にあいそうな気がします。(Yさん)

11.9.21. 大阪ステーションシティー変わったんですね!来週スタッフ全員と大阪にサーカスを見に行くので(慰安旅行のかわり)その時に探検しようと楽しみにしています。私もとっても久しぶりですので。ところで、台風の被害はありませんでしたか?(Tさん)

11.9.22. こちらは台風も事なく過ぎ、久しぶりに太陽が顔を出しました。今度は秋らしくなるでしょうか。30℃を越しています。辰巳芳子さんの「食」の深いお話、考えさせられます。生産者が心を込めて安心安全な食材を作って下さる。それを感謝して大切に頂く、今井一家の生き方を信頼し、知らぬ間に辰巳さんの提言を私達は歩んでいるような気がします。(Uさん)

11.9.22. 最近いろんな事でミスをすることが多くなり、自身がなくなってきました。脳ドックって知ってますか?やってみようかな?って思ったり・・・。(Iさん)

11.9.25. 随分涼しくなりましたね。千種は冷え込んでいるのではありませんか。台風12・15号と2つの台風が各地に大きな傷跡を残して通り過ぎていきました。今年は水の災害が多すぎるように思います。これ以上被害が拡大しないようにと祈るばかりです。23日に運動会が無事終わり、次は研究発表回に向けて大忙しです。楽になるのは引退したときでしょうか。S(さん)

11.9.26. 過ごしやすくなりましたネ─食欲盛々で・・・こまりますわ!(Iさん)

11.9.26. 台風が通りすぎ、急に秋らしくなってきました。夜になると社宅の団地は3Fに住んでいても虫の音が聞こえるのです。気持ちが穏やかになります。今年は3月の震災、9月の大きな台風水害で、日本は大変でした。これからも静かな日が続いて欲しいです。(Kさん)

11.9.26. 迷走台風が去って涼しくなりました。今井さんのお宅は被害軽微で良かったですね。昔と違って天災が続き大きな被害が出ていますが、これは自然界の警告でしょうか。欲張らず、身の丈に合わせて質素に暮らしたい、と思います。珠玉のような精魂込められた卵、今後ともよろしく。夏場のお疲れが出ませぬようご自愛下さい。(Fさん)

11.9.26. 先日の台風の被害はどうでしたでしょうか?今年は首をかしげたくなるような災害が多すぎますね。2,3日前から急に寒くなって来ましたが、どうぞ穏やかな日々が続きますように・・。皆々様お元気で。(Oさん)

11.9.27. 台風12,15号連続日本列島の中心に来る!!これは、日本は災害の世界一ではと。よろしく!!(Oさん)

11.9.29. 秋の気配に一息です。少しの注文なのにお世話を掛けます。鶏肉でスープを取りラーメンをしました。思わず舌鼓!ああ食欲の秋何としよう。(Mさん)

11.9.30. 毎回おいしい卵をありがとうございます。台風通過?の9月下旬からこちらも過ごしやすくなりホッとしています。実りの秋、うれしい季節です。(Nさん)

11.9.30. 「暑さ寒さも彼岸まで」今年はこの言葉通りになりました。武庫川を歩くとあちこちでヒガンバナやツルボに出会います。大雨の跡も流されてきたものがひっかかったり、たまったり、で、あまりきれいとは言えませんが、そんな中で時を忘れず咲いてくれる野草にホッとします。子どもたち二人とも進路を決めてくれました。これもホッです。(Yさん)

11.9.30. いつも本当にありがとうございます。彼岸を過ぎた頃からやっと朝夕涼しさを感じるようになりました。日中の日差しは真夏のような──。気温差のはげしい季節お身体大切にお過ごし下さいませ。(Mさん)

小学生と一緒にさつま芋掘り

画像


 千種町野菜生産組合のみなさんです。
 今日は、地元の小学3年生を招待して、いっしょにさつま芋掘り。組合員の皆さんがしっかり管理して頂いたので、いい芋ができました。

画像


画像

TPPの本質の一例

TPPの本質 

 その一例として、内橋克人氏の講演録から引用
http://www.jacom.or.jp/tokusyu/2011/tokusyu110208-12482.php


 第1に、例えば日本の自治体が不況対策として地場の中小企業に制度融資などを行った場合、これを協定違反とみなします。国内企業への公的支援、優遇策はすべて外資に対する差別であるとするのです。

 第2は、投資に対する絶対的自由の保障で、外資に対して天然資源の取得権まで含めて投資の自由を保障する。つまり国土の切り売りを認めなさいということです。今、外資による森林や水源の買収が問題になっていますが、すでに南米などでは国土を切り売りしている国もたくさんあります。

 第3は、外国人投資家に相手国政府を直接、提訴できる損害賠償請求権を与えるとしたことでした。例えば地場産業育成のための公的支援を差別待遇だと外国人投資家が判断すれば、当該国政府を相手取って賠償を求めることができるのです。

 以上は、外国資本への“逆差別”の奨励であり、徹底した外資優遇策です。その背景にウォール街の意思、マネーの企みがあること、いうまでもありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 つまり、

 ・各自治体が、地元企業に優先的に地元の仕事を与えていくことはTPP違反になります。

 ・そして、それを見つけた外資企業(つまりアメリカ企業)は、その自治体を提訴できるということです。つまり、負ければ莫大な金をその企業に払わなければならなくなる。つまり、そこの住民の税金が取られるということです。

 ・そして、外資が日本の天然資源、山や水を買うことの自由も認めなさい。

 そんな条約だということです。

 これは、売国以外のなんでしょうか。

 あるいは、日本企業が他の国で同様のことをして欲しいと、皆さんは思われますか???

TPP問題のYouTubeの紹介

ご無沙汰しています。
久しぶりの投稿なのに、こんな野暮な話題で恐縮なのですが、

でも、なかみは全然野暮じゃなく、ホントに深刻なことだと思っているのですが・・・

また、やにわに出てきた『TPP』

 いろんな意見があると思いますが、マスコミではほとんど聞けない意見。それもとってもわかりやすく解説してある TPP 反対の立場の意見が YouTube で流れています。どちらも10分程度のものなので、ぜひ見てみて下さい。

 よく、農業関係者だけが反対している、 農業対工業 なんて構図でいわれたりしますが、TPPの危険性はそんなちゃちなものじゃないということが、簡単ですが、よく分かるものだと思います。


http://www.youtube.com/watch?v=cNXEucYUFJ0&feature=related
TPPで日本をぶっつぶせ


http://www.youtube.com/watch?v=RlyluxDfjMo
中野剛志先生のよくわかるTPP解説―日本はTPPで輸出を拡大できっこない!

 だいたいどちらも似たような内容ではあります。

 私は、なぜTPPをそんなに急ごうとしているのか、全く分かりません。アメリカに日本を売り渡す、売国としか思えないこの話。
 「大企業栄えて国滅ぶ」

 食と農も確実につぶれるのではないでしょうか。 国民の皆さん、それでいいのですか。。。

 これは農業者だけの問題ではないですよ。 農業者はいざとなれば、自分の食べ物は自分で何とかできます。安全な物を自分で作ることが出来ます。

 いいんですか、大多数の都会の皆さん。 あまりにものんきなんじゃないですか。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・
 ただ、中野剛史氏は

 「左翼は『国家』がきらいだから反原発なのだ」
 「敗戦の反省として、負けない軍隊を持つ」
 「原発事故の反省として、事故を起こさないもっとしっかりした原発を持つ」

というような考えをしている方のようなので、この当たりは非常に違和感がありますが・・・。

発芽

芽が出てきましたよ。

大根
画像



シュンギク
画像



ホウレンソウ
画像



画像

 最近の緑餌の主力はサツマイモのツル。これは、千種高校が作っているサツマイモのツルです。

種蒔き

画像

 やっと秋野菜の種蒔きです。忙しくって今年はできないかなあと思っていたのですが。でも野菜を買って食べてたんじゃ家計がもたないので、何とか頑張りました。
 適期より半月遅れ、さて大きくなるか???

稲刈り

画像

 やっと稲刈り。だいぶイモチ病が出てしまいました。近所の方に刈ってもらいます。

「ひよこ」242号 ~ブータン王国の講演~

 台風12号、15号。続けざまに二つの台風がやって来ました。皆さん、大丈夫だったでしょうか。

 私どもの方は、お陰様でたいしたことはなくすみ、ホッとしています。 何だかどちらの台風も、今までとちょっと違った様子。とにかく速度が遅かったり、日本に近づくほどに勢力が大きくなったり、今までの常識では考えにくいことが、次々と起こってきます。

 何でも思うままにできると錯覚しがちな現代人に、私達の力ではどうしようもないことがあるんだぞと思い起こさせているような気がします。しかし、いくら大自然を畏れるにしても、今まで一生懸命に作ってきたことが、一夜にして流れてしまうのは本当につらいことですね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 最近の緑餌

 最近はもっぱら畦や畑の草です。秋以降の草、イタリアンは今10cm位に伸びています。草刈り、草切り、これって時間がかなりかかるのですが、それを毎日欠かさず頑張っているのですが、それでも、草のきらいな鶏がいるようで、黄身のうす~い卵があるのが、つらいところです。また、雑草ですから、ちょっと渋い味のものもあり、それも卵に移ることがあり、なかなか難しいところです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 枝廣淳子氏のメルマガより

ジグミ・Y・ティンレイ ブータン王国の講演

  2008年11月24日~26日ティンプー

 どうすれば、市民が「一人ひとりの幸せはみんなの行動やみんなの幸せの結果であるということ」を知っている、意識の高い社会をつくり出すことができるでしょう? 

 そして、「自分の幸せが続くかどうかは、まわりの人々が幸せかどうかにもよる。ほかの人の幸せのために努力をすることこそが、真の永続的な幸せをもたらす、生きがいのある経験につながる、最も確かな道である」ということを、人々が知っている社会をどのようにつくっていったらよいのでしょう?

 どのように、消費主義と相容れない、新しい倫理的なパラダイムを受け入れるよう、人々を説得することができるのでしょう?

 有限の世界で無限の生産性や成長を追求することは、持続不可能で、将来世代にとって不公正であるばかりか、私たち自身の社会的、文化的、精神的、美的探究をも損なってしまうことを、どのすれば人々にわかってもらえるのでしょうか?

 「貧困軽減のための経済成長」という正当づけさえ、大きく再配分を変えない限り、とても頼りないものに思われます。恥ずかしいことに、グローバル経済の総体の中で生み出されるばく大な富の中から、貧困軽減に割り当てられるのはほとんどないのです。

 同じことが、「環境問題を解決するお金を得るために、成長しなくてはならない」という議論にも当てはまります。これを信じることは、病気を治すために患者を殺すべきだと信じるようなものです。豊かな国の中で、「みんながより幸せになるためには経済的に成長しなくてはならない」という証拠が見られることはほとんどありません。

 それでは、どうやって新しい概念や定義――生産性・富・繁栄そして生きがいなど--を提唱していくことができるのでしょう? 物質的な持ち物とはほとんど関係なく、弱い者を押しのけてしまわず、社会的、心理学的、情緒的な幸福により関係している新しい概念や定義を。・・・

・・・・・・・以下、枝廣氏の文・・・・・・・

 ブータン国では、「市民が、一人ひとりの幸せはみんなの行動やみんなの幸せの結果であるということを知っている、意識の高い社会」を“GNH社会”と呼び、国家・政府の統治の究極の目標はGNHの成就である、としています。(ブータンでは憲法にもGNHが明記されています)

 ブータンだけが理想ではないでしょうし、実際には理想と現実との乖離もいろいろあるとは思います。それでも、国が「集合体としての国民の幸せ」を第一に考えようという姿勢と取り組みは、私たちにいろいろなことを教え、考えさせてくれます。東洋的なものの大事さも改めて考えさせられています。

・・・・・・・(引用ここまで)・・・・・・・

 GNH(国民総幸せ度)とは、GNP(国民総生産)がいちばん大事と考える日本などの先進国の考え方に対抗してブータンが主張している考え方ですね。現実はどうなのかは知りませんが、「どじょう演説」程度で持ち上げられ原発政策をまた復活させようとしている野田政権とは、やっぱり発想が根本的に違うように思います。

 こそばいような言葉ですが、一度、まじめにこんな言葉を日本の政治家から聞いてみたいものです。派遣労働を使い人を物としか見ないような人々にこんな言葉は伝わるでしょうか。。。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ひよこサロン
~便りが頼りコーナー~
  (全部のお便りを載せられなくて申し訳ありません。)

11.8.27. 否応なく気にかけざるを得なくなった。核エネルギー、原発、放射能だけでなく、食品添加物、農薬、遺伝子組換え作物など、日常摂取する科学技術を媒介とした食品生産への意識をあらためて問い直すこと…。今井の指摘に、ホンマにそうやなと思う。(Oさん)

11.8.29. 本能のおもむくまヽよこの暑さ、状態やっと少しホッとしています。美味しい卵でアイスクリーム、蒸しパンなど楽しんでいます。ありがとうございます。(Mさん)

11.8.30. 今回も安心卵が届きました。ありがとう。千種はもう秋の気配ですが、街中は未だ残暑で一杯です。問題山積みの中で民主党3代目の誕生ですが、今度は国民目線で堅実な政治に期待しましょう。初代の理念、2代目の思いつきとスタンドプレーと空虚な日々とは違う地味でも足を地につけた政権であって欲しいですね。(Fさん)

11.8.31. どじょう、の野田さんは、演説で株を上げたようですネ。今度は政策で株を上げて欲しい。土壌セシウムの汚染度が公表されました。恐ろしい数値です。日本の対策はチェルノブイリよりずっと悪い、と言われていましたが、その通りでした。日本では、「強制移住」の対象地に多くの人が住んでいます。(Yさん)

11.8.31. もう9月になってしまいました。「悲観は感情に属し、楽観は意志に属する」って哲学者の言葉にあるそうですが・・・(Iさん)

11.9.1. 毎日まだまだ暑いですね。夜は少ししのぎやすくなって来ましたが・・・。まだ暑いです!!これから食べ物のおいしい季節ですね。ますます太りそうでこわいわ。(Iさん)

11.9.1. そろそろお米がとれますね。「生卵かけごはん」にぴったりの季節・・、うれしいなあ~。(Nさん)

11.9.6. いつもありがとうございます。もうすぐ運動会です。おいしい卵焼きのあるお弁当を作ります。(Mさん)

11.9.6. 蝉がピタリと鳴かなくなり、今は秋の虫がチッチッと聞こえます。台風12号は大変な雨で、ここ加古川地区も大きな川があるのでいつか自分たちのところも・・と心配です。(Sさん)

11.9.6. 台風大丈夫でしたか?今年は自然が怒ってますね。(Fさん)

11.9.6. あの大雨のあと、少し涼しくなりましたネ。この夏の暑い時分、畑仕事もサボり、高齢で熱中症にでもなれば・・笑いものにと、全くホッタラカシ。今日から少しずつ草引き等私の唯一のセネバ(?)ならない仕事に前進します。そう、そちらの方、大雨、大変だったでしょう。(Hさん)

11.9.6. いつもありがとうございます。台風の影響はありませんでしたか?こちらの方も他のところは色々被害が出たようですが、この辺は大丈夫でした。(Oさん)

11.9.7. 残暑が厳しく本当に体にこたえます。でも毎日イマイさんのタマゴにささえられ何とかしのぎ暑い中友人と遊んでいます。この暑さの中懸命タマゴを産んでくれる鶏さんとエサにご苦労されている今井さんに感謝しながら頂いています。本当にありがとうございます。どうぞお体ご自愛下さいね。大型台風そちらはどうでしたか?(Oさん)

11.9.8.メールにて  先月に一度、いまい農場さんの卵を発注させて頂きましたSと申します。シフォンケーキを焼いてみました。まだまだ、自身の調理技術も未熟でえらそうには言えませんが、いまい農場さんの卵で焼いたシフォンケーキは、想像以上に美味しく焼けました。卵の風味や、ケーキの色味もとても優しくきれいで、味も卵が主張しすぎず、上質なシフォンが出来たと思います。シフォンは使用する素材が『卵・小麦粉・砂糖・牛乳・サラダ油』と、非常にシンプルなので、良くも悪くも、素材の質がストレートに出やすいです。特に卵は、最重要素材だと考えておりまして、いまい農場さんの卵を使ってみて、そのことを強く実感しました。嫁と味見専門の子供3人と共に、もっともっと製菓技術を磨き安全で美味しく体にも心にも優しいシフォンを焼けるようになりたいと思います。(Sさん)

11.9.11. 日本各地で災害が起き心が安まりません。政治の世界も不安定で期待できませんね。「ひよこ」にもありましたが、人を大切にする国になって欲しいものです。暑さが戻ったようで汗だくの日々となっています。日射しの強さにはまいります。今井さん、鶏さん達はお元気ですか?日々何事もなく暮らせるのは幸せです。(Yさん)

11.9.13. ここ一週間程、残暑の厳しい日が続いています。過ごしやすい秋らしい季節になるのには、もう少しかかりそうですね。お互いに体調管理には気をつけましょうね。(Mさん)

牧草種蒔き

画像


画像


画像


画像


 今年も牧草 イタリアンライグラス と クローバー の種蒔きです。晩秋~晩春の緑餌の主力です。

土砂崩れ

画像


画像


 私の家から奥に続く林道。この前の台風で崩れたようです。これは、かなりの崩落で、直すとなるとおおごとです。
 林業も成り立たない現状では、たぶん、当面はこのまま放置されることになるでしょう。それがいつまでか????

草に群がる

画像


 やわらかい美味しそうな草に一斉に群がります。
 この鶏は「岡崎オウハン」と言って、純国産鶏の地鶏の掛け合わせです。肉も美味しいんです。


画像

 稲もだいぶ熟れてきました。